カモミール・ジャーマンについて

カモミール・ジャーマンについてご紹介します

使用時の注意点について

投稿日 2014年2月04日 11:17 AM | 投稿者 german

カモミールの落ちつくような香りの奥に、少しだけスパイシーさを秘めた香りが人気のアロマオイルです。青りんごのような香りのカモミール・ローマンに対して、芳醇な香りが特徴とされます。

 

ヨーロッパでは4000年以上も昔から産婦人科系の治療に用いられてきました。鎮静作用によりストレスを和らげる効能があるほか、ニキビ・安眠効果・アレルギー・痒み・PMSなどにも効果があります。

 
このように、女性にとって強い味方ともいえるアロマオイルですが注意点があります。まず、カモミールには子宮を縮小させる働きがあるので、妊娠初期の妊婦は全身マッサージやトリートメントなどの使用を避けましょう。妊娠初期でなくとも、使用量を控えるようにし使用の際には専門家に相談することが安全です。

 
また、キク科やブタクサにアレルギーのある人は注意が必要です。

 

やや刺激を感じる場合もあるので、敏感肌の人はあらかじめパッチテストをしておくと安心です。その他として、布などに用いる時にも注意が必要です。精油は、主要成分のカマズレンから濃い青色をしています。

 

この精油の色が布にシミを作ってしまうことがあるので、汚れてもいい布・もしくは目立たないところに用いるようにします。